生活保護ってなに?どうやって申請するの?

生活保護とは様々な事情で生活をおくることが困難となった方に最低限度の生活を保証する制度です。
生活保護費を支給し生活を支援し再び自立した生活を送れるようにすることを目的としています。
生活保護を受けるにも幾つかの条件があります。
まず利用できる資産がある場合は売却するなどして生活費に充てることが優先されます。
世帯の中で働くことが可能な方がいればその能力に応じて働くことに勤める必要があります。
夫婦や両親、成人されている子供兄弟姉妹、新沙駅に援助をお願いできる場合、まずはそちらを優先されます。
また生活保護制度以外の制度による給付がある方は先にそちらを優先し十九士生活費に充てることになります。
以上の条件に該当しない場合は生活保護制度を利用できる可能性があります。
相談窓口は住まいの地域の福祉事務所の生活保護担当となります。
いきなり申請できるわけではなく、まずは相談を行い制度の説明を受けてから申請となります。
申請すると生活状況等を把握するための実地調査、預貯金・保険・不動産等の資産調査、扶養の可否の調査等など様々な「調査が入ります。
調査の結果生活保護を受給可能となれば最低生活費から収入を引いた額が保護費として毎月支給されます。詳しくはコチラ